ファミリームービーコース

写真は撮れるけど、ムービーはどうやって撮るの?

ムービーの編集方法を身につけたい!
写真商品以外のサービスを増やしたい!
一通りカメラの操作がわかる方向けのムービー制作講座

ママアカ認定ライセンス(ファミリーフォトコース)をお持ちの方が受講できる

フォトグラファーアドバンスクラス講座になります。


その他すでにフォトグラファー活動されている方の講座受講に関しては一定の条件を設けています。

詳細は会員サイトお申し込み画面をご覧ください。

スマホやパソコンで手軽にムービーが見れるようになった今、ムービー制作の需要は増える一方です。

今まで写真が中心だった記念撮影も、ムービーを使ったサービスがどんどん増えています。

一通りカメラの操作がわかる方や、すでにカメラマンとしてお仕事をされている方向けに、主に一眼レフカメラ(ミラーレス含む)を使った一眼ムービーの作成方法を丁寧に指導します。

作品性をあげる魅力的な撮影・編集方法だけでなく、商品の完成・アウトプットまでを想定した作業までを指導するのが特徴です。

この講座を受けていただければ、商品として販売できる総合的な知識・技術が身に付きます。

ムービー制作における基本的な部分を習得することができるので、個人向けの記念撮影だけでなく、企業向けの広告動画の制作などにも応用できます。

一緒にムービークリエイターを目指しましょう!

講座コーチング内容


第1回

写真撮影とムービー撮影の違い

写真撮影とムービー撮影の違いを中心に、ムービー撮影ならではの知識・技術を学びます。

編集することを前提としたムービー撮影ならではの考え方を知り、プロの撮影技術を身につける事ができます。


第2回

実際の撮影の仕方やクオリティアップのための工夫について

ムービーならではの表現方法を中心に、クオリティの高い印象的なムービーの撮影方法を学びます。

音声の収録方法や、ジンバルを使った撮影についても解説します。


第3回

編集ソフトの使用方法

撮影データの取り扱いと編集ソフトの基礎知識を学びます。

簡単な編集操作を学びながら、ムービー編集の全体像を知ってもらいます。


第4回

魅力的な編集の仕方やクオリティアップのための工夫について

編集時に何を考えるのか、プロの編集のノウハウを学びます。

見た後に印象的に感じる編集方法や、何度も見たくなる技法など、具体的なテクニックを解説します。

   

第5回

テロップの挿入やBGMの取り扱い

テロップの挿入やBGMの使用方法を中心に、作品として完成度を上げるための様々な加工について学びます。

簡単な合成や、加工技術も紹介します。


第6回

編集後のムービーのアウトプットと更なる技術の向上について

DVDやブルーレイディスク、SNSなどへのアウトプット方法など商品として形にする方法を学びます。

加えて、更なるステージとして、企業VPなどの撮影。編集ノウハウもご紹介します。


必要機材・注意事項等

・デジタル一眼レフカメラ(ミラーレス可)

※Full HD(1920 × 1080):30p(29.97p)以上の動画サイズが撮影可能なもの

・レンズ

※焦点距離24mm-70mm(35mm換算)などの標準ズームレンズ

※メモリーカードは読み書きスピードが、CLASS10もしくはUHSスピードクラス1以上


・使用ソフトウェア

 Adobe Premier Pro CC

 Roxio toast 19 Pro

※ソフトウェアのPC動作環境は下記をご確認ください。

https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/system-requirements/2019.html

https://www.roxio.com/jp/products/toast/pro/#tech-specs

コース終了後、卒業試験を受けることができます。

ママアカ認定ライセンス取得後は、ファミリーフォトムービーコース卒業生として活動するだけでなく

さらに専門性のある撮影ジャンルを学ぶ、またこのファミリームービーコースの認定講師を目指し撮影案件と講師の2軸でお仕事をすることも!

ただ、カメラを教わるだけではない仕組みが日本ママアカデミー協会には用意されています。


そのほかのフォトグラファーアドバンス&プロクラスはこちら▼